2×6(ツーバイシックス)工法の注文住宅

家をつくる時に、しっかりした機能を備えたものがいいと思って検討をすることにしました。その中でも、最もいいと思ったのは断熱材をしっかり使っている家です。どんなに見た目がいいと思っても、やっぱり暮らしやすさがないとその家にすんでいて、後悔をしてしまうからです。そこで、見た目よりもずっと断熱材について注文住宅がどんなになっているのか注目をして探すことにしました。

その中でも、いいなと思ったのはツーバイシックス工法です。これは、通常の断熱材よりもはるかに厚いのです。そのことから、期待が出来ると思いました。ここでは、注文住宅としてツーバイシックス工法を使った家の強いというメリットについてお話します。

・断熱材がしっかり入っている

断熱材がしっかり入っているので、過ごしやすさは抜群です。冬も夏も過ごしやすいので、こんな家があるのかと思ったぐらいです。いい断熱材を使うと、季節がわからなくなるほど、快適に過ごす事が出来ると言いますがまさにそのとおりだと感じました。季節が冬でも夏でも、とても快適です。

特に冬の場合は、Tシャツで過ごすこともできるので今までの暮らしていた家とは大違いです。そんな日常を待っていたという感じです。

・地震に強いので安心

ツーバイシックス工法の場合は、なんと断熱材が厚いということで防寒等が優れていると思うだけではないことが分かりました。それはツーバイシックス工法は、頑丈で有るということです。

しっかりしたつくりとなっているので、地震の時にも安心することができます。地震を度々経験しているので、そのことについてもなんとかしたいと思っていました。家の中で地震に合うことが多く、その家の中を安全な場所としたいですね。

その時、通常の断熱材よりもはるかに厚いツーバイシックス工法の場合は、頑丈なので揺れにも強いのです。地震があった時に、家族全員が地震があったことを気づかないほどでした。揺れをほとんど感じませんでした。