断熱材を使った快適な注文住宅にしました

我が家は、5年前に注文住宅で家を建てました。それまではアパートに大人2人と子供2人で暮らしていたのですが、古いアパートなので断熱材などもほとんど入っておらず、とても夏は熱くて冬は寒かったのもあり、長男が小学校入学までに引っ越しを完了させたいと思っていました。

それを念頭に置き、建売住宅の見学へ行ったり、ハウスメーカー、住宅会社などの見学会に行ったり、直接話を聞きました。

我が家は、主人が小さな頃からマンション住まいだったので、戸建に住またいという夢を持っていたのですが、注文住宅か建売住宅かには特に拘りはなかったです。

しかし、主人の仕事の都合上で土地は駅から徒歩もしくは自転車で行ける範囲で探しました。

そして結婚してからずっと住んでいる明石駅、また西明石駅、大久保駅辺りと住みたい地域の目星はつけていたので、不動産会社に土地を探しに行きました。

すると、予算内に収まりそうな土地は、古い住宅地の中にポツっと空いてる土地や、前の道路が狭くて車庫入れが大変そうな土地で、購入する気になれず、しばらくは広告やネットで情報収集のみをしていました。

とある日の広告で、その後お世話になる住宅会社が、空き地だった場所を整備して、70戸ほどの新築戸建を建てることがわかり話を聞きに行き、予算と希望の地域、土地のイメージが合致したので、すぐにそこに決めました。

そこが、注文住宅だということで注文住宅を建てる事になりました。

そこまで家の内装などにも拘りはなかったのですが、全てが思い通りとはいきませんが、部屋数や家事の導線を重視して大体の家の造りを決めて、内装はナチュラルに飽きがこない家が良かったので、インテリアコーディネーターの方と相談して決めました。

完成までイメージができずでしたが、完成していざ暮らしてみると、断熱材がしっかり入ってるので、最近の猛暑でも夏はわりと涼しく、冬も温かくて、冷暖房をつける期間がアパート暮らしの時より短くなりました。

また駐車場も縦列ですが、2台分あり広々してますし、子供がうるさくても階下の人を気にしなくて良いので快適に暮らせています。

憧れのマイホームには良い断熱材を

憧れの注文住宅とは、色々と自分の理想が叶う住宅を手に入れることができる、というのは間違いではないでしょう。しかし大半の人がこだわるポイントというのは、内装や外観といった見た目のデザインの部分が多いといった傾向にあるようです。すっきりとした広い家にしたいとか、特殊な機能をつけたいとかそういうことです。

太陽光発電システムなどを付けたいということもあるでしょうし、地下室や屋上などがある住宅を建てたい!ということもありますよね。

そういう部分にこだわることもとても良いことではありますが、目に見えない家の「性能」について、壁の材料や断熱材などにこだわるというのも重要になってくるのです。

断熱材の種類や、断熱工法という点においても色々と違いがあります。こうしたことも選んで自分で決めることができるという点が、なんといっても注文住宅だからこそであり、とても重要になってきます。

断熱材などの性能を高いものにするということにはどんなメリットがあるのでしょうか?

それは、室内をとても快適に過ごすことができるようになります。今日の日本の住宅事情では、多少なりとも空調ありきという部分はあるのですが、断熱性能の高さによって空調の効きが良くなるということになりますので、その温度を維持するためのエネルギーというのも少なくすることができるようになります。これは光熱費などにも影響してくるでしょう。

こうしたことからも、断熱材にはしっかりとこだわりたいところのひとつといえるでしょう。

太陽光発電システムなどを導入したいと検討している方においては、やはりエネルギーを効率的に使えたりとかエネルギーコストを下げたいというような目標があることと思います。であれば、そうした機械のみならず、断熱材にもこだわってメリットのある形にするということを、注文住宅を建てるときには考えてみると良いでしょう。

そのことをプロの専門家の方に相談すれば、いろいろな提案を受けることができます。ハウスメーカーや工務店で相談してみると良いでしょう。

そうすることによって、自分にとって実に良い住宅、快適な住宅を手に入れることができるようになるでしょう。そしてそれを目指すようにしましょう。

断熱材にこだわる注文住宅

注文住宅で家を作る時には機能性も重要視するということが多いわけですが、そこで重要になってくることの一つが「断熱材」です。

断熱材はそれこそ機能性を最重要視するものであり、格好良さ云々が特にあるわけではありませんが、毎日を暮らす「快適さ」において注文住宅でこそ輝く部分だといえるでしょう。

断熱材の役割ですが、当たり前ながら家の中の快適さを維持することであり、簡単に言うとエアコンとかの冷暖房機器とか関しての機能性の効率を高めるということができるようになります。要するに効きやすくなるということになります。

優れた断熱材を多く用いることによって、実に良い快適な住宅とすることができるようになります。

お風呂に断熱材効果が高い壁を多く設置することによって、部屋自体の暖かさとか涼しさというのを維持しやすくなるということになります。しかし、ここで難しいのが、開放感のある広い部屋にしようとしますと、どうしても断熱材の効果が薄れるということがあります。開放感のある部屋と言うのは単純に壁が少ないためです。

それでも注文住宅であれば、良い断熱材をしっかりと選び導入していくということによって、うまく快適な環境の部屋を作り上げていくということができるようになります。

断熱工法にも種類がありまして、内断熱と外断熱というのがあります。どちらにするのかということは、どちらもメリットデメリットがありますのでなかなか難しいのですが、基本的に利用しているのは内断熱工法という形になります。殆どがこれに該当することでしょう。しかし、北海道等の寒い地域では、逆に外断熱が多いようです。

価格的にも安くすることができるのですが、寒い地域でなくとも外断熱も実はおススメできます。施工の手間がかかることになるのですが、効果がより高く期待できるようになるのです。

断熱材にはいくつもの種類があり、どの断熱材が適しているのか、というのはなかなか素人には判断が難しいことになります。まさに専門的な知識が必要となるので、そうしたことはしっかりと業者に相談するようにしましょう。

工法と断熱材のどちらにも知識が必要になりますから、まずは専門家に相談するわけですが、そうしたことはハウスメーカーや工務店の住宅展示場やショールームで無料でできます。

プロの話を聞くことで、正しい知識を持ち、検討していくと良いでしょう。

注文住宅は断熱材も重要

注文住宅に色々とこだわりたいという部分があるでしょうが、はっきり言ってどういうところにこだわるのかというのは人によって違うことになります。

快適な住宅にするということを最大限の目標にすると言うのであれば、空調などの設備にこだわりたいところです。それは建材などを色々と拘ることによって、上手くいくということもあります。

そうしたものの一つとして「断熱材」というのがあります。

名前の通り熱を遮断するということができるのが断熱材であり、要するに外に逃がさないというような意味合いもあったりするので、そうしたものを積極的にきちんと効果の高いものを導入していくということによって、家の空調などの効きを良くするということが可能になります。

そんなことで違うのかと思うかもしれませんが、これが大分違うことになりますので覚えておきましょう。

快適な住宅にするということには様々な方法があるわけですが、それは機械的なことに頼ることのみならず、家の性能自体を高めるということができればそこから能力を引き出すということもできるわけです。

そうしたことができるのが、注文住宅の良い所であると言えますので、積極的にきちんと外観や内装のデザインだけではなく、「断熱材」といったようなところにもこだわるようにするとより快適な住宅にするということができるようになるでしょう。

寒いところ、暑いところ、と地域によって根本的に気候が違うことになりますから、どんな種類のものを選ぶのか、ということも大きなポイントになります。

注文住宅で家を建てるときに考えなければならないことは、どんな住宅の機能を高めたいのか、どの部分でこだわりたいのか、ということになるわけです。

しかし、やはりコストに関することもしっかりと比較して行かなければならないことになるでしょう。高ければ良いというわけではありませんし、安くても悪いというわけでもないので、その点を注意しておきましょう。そこで失敗しないことです。

注文住宅は土地に合わせた断熱材を

憧れのマイホーム、色々とこだわって作ろうという時には、どんなところにこだわるのかというのは人によって大きく違いが出てくるかと思います。

おおよその場合、見た目のデザイン性にこだわることが多いことかと思います。その次に、住宅の機能とか性能といったようなものにこだわることが多い傾向にあります。快適さを求める家の「性能」の一つとしてあるのが住宅の暑い寒いと言ったような過ごしやすさを良くするための「断熱性能」です。

注文住宅であればこうしたところにもしっかりと拘ることができるようになります。では、断熱性能の高い快適なお家というのはどんなお家でしょう?

それは、文字通り断熱材が優れた住宅にするということです。

断熱材なんてどれも同じではないか、と思うかもしれませんが、何を由来に作られた断熱材であるのかということによっても違いが出てくるわけですし、価格も違うことになります。そしてその種類は数多く存在しています。

寒いところに向いているものと、暑いところに向いているもの、というのもあったりしますし、地域によってある程度の断熱性能を保持していないと家を建てられないという決まりもあります。

そうしたことをしっかりと住宅に合わせて対処し、導入していくということができるようになりますと安心して快適に過ごすことが出来る住宅となることでしょう。

どんな断熱材を選ぶべきであるのかというのは、やはり専門的な知識も必要になります。工法にも違いがあるわけですし、それによってコストも大きく違ってくることでしょう。

そうしたことがありますから、まずはしっかりとした相談を専門家とすることです。自分がどの土地に注文住宅を作ろうとしているのか、場合によっては合う合わないということがあったりします。土地によって住宅の作り方としてふさわしいかどうか、という問題もあったりすることがあります。

例えば東北地方の方では、水道管が凍りつくことが前提の土地というのもあるわけです。なんでもいいから絶対的に最高の住宅が作れる工法、というのがあるわけではありませんので注意しておきましょう。

なんだかんだでどんな断熱材を入れたりするかということも含めて、コスト的な制限というのが個人的に出てくるというのが間違いないので、まずは予算をしっかりと計画立てることが重要です。

注文住宅は断熱材にもこだわるべし

マイホームを検討の際、色々と断熱材というのにもこだわって住宅をつくるということがお勧めできます。建売ですともう完成されていたものを購入するわけですので、選ぶことは難しい場合がほとんどです。ですが、注文住宅であれば断熱材の指定まできちんとできますので、自分の思い描く住宅環境を作るためにも、そうしたところにもこだわりをもつというのはとても重要になります。

断熱材をこだわることによって何が違ってくるのかといいますと、空調効率と言って、暖房を使ったり冷房を使ったりする時に目標とする温度に合わせやすくなるということになります。また、その温度に達した時に、その温度を維持するための機能というのが高くすることができるようになりますので、光熱費などに影響する部分ともなります。

仮にそこまでいたらなかったとしても、やはり過ごしやすい住宅にするというためには断熱材などにこだわるというのはとても重要な要素になるわけです。

また、断熱工法に関しても内側をどうにかしようとするのか外側をどうにかしようとするのかということによってもだいぶ違いが出てきます。費用的な面からもアプローチしなければならないというところがあります。断熱材にも色々と種類がありますので、料金も変わってくるという形になるからです。

土地柄も選択をするときに重要なポイントになります。その土地にあった断熱材というのもしっかりと存在しているので、より過ごしやすくするということができるようになります。また、地域によって断熱性能のレベルの指標があり、そのレベル以上をクリアしないと家が建てられないということが法律でも定められています。

しかし、そもそも素人なので断熱材をよく知らない、というようなことはあるでしょうから、そういうことも含めて注文住宅の業者にお願いして話をしてもらうと良いでしょう。あれもこれもと提案を受けてしまうということがありますが、とにかく自分の目標とすることを明確にし、しっかりと実現することを目標にするようにしましょう。

費用的なところをまずはしっかりと把握してから、どのようにするべきか、ということにしましょう。断熱材一つでも注文住宅では色々と考えることがあるわけです。考えることは放棄することは簡単ですが可能であれば頑張りましょう。

身体に優しい断熱材

体に優しい注文住宅での断熱材につきまして、注目している断熱材としましては、まず断熱材の特徴を把握しておかなくてはなりません。

最近の注文住宅につきましては、随所に断熱材が取り入れられておりまして、その一つの断熱材の素材としまして、身体に優しい断熱材となります自然素材を活かした断熱材があります。

一般的な断熱材としましては、グラスウールや、発砲プラスチック等の断熱素材が新築の注文住宅等でよく取り入れられておりますが、こどもにも優しい素材で家づくりを検討されている方へ、個人的にぜひ使用して頂きたいおすすめの断熱材の素材としましては、この「天然素材系」の断熱材につきます。

人にも環境にも優しい断熱材であります天然素材の断熱材を使用することによりまして、家族が幸せになれるだけではなくて、地球の環境につきましても優しい素材となります。是非使用して頂く素材としましては、全面的に推奨できる素材となります。

このなるべく体に優しい天然素材系断熱材の紹介としましてどんな素材なのかと言いますと、木質繊維や羊毛などの自然素材でつくられた断熱材です。

自然素材の断熱材での主な種類としましては、まず、セルロースファイバーであります。エコな木質繊維断熱材 【EMセルロースファイバー】としまして、天然の木の質でできた素材でありますので、古新聞やダンボールなどを細かく裁断し、燃えにくい加工が施されています。体に良い面としましては、普段問題無く日常で慣れ親しんでいる素材で作られておりますので、害は無いと言った点において安心ポイントとなるかと思います。

この天然素材の特徴としましては、繊維の間に空気を挟むことによりまして、断熱効果を発揮してくれる形となりますので、元々空気を含みやすい素材でありますので、繊維1本1本が空気を含むことから、冬場につきましては、断熱効果の本領を発揮してくれる画期的な天然素材となります。木ならではの吸放湿性も持っており、湿度が高いときには水分を吸って、乾燥したときには湿気を放出します。

注文住宅の断熱材選び~セルロースファイバー編~

家を建てる際に必要な材料は、数えきれない程たくさんあります。その中でも「注文住宅」においては、自由にできる幅が広い分、選ぶ材料の選択肢が星の数程あると言っても過言ではないでしょう。さらにその中の「断熱材」についてフォーカスを当てて本日はお話いたします。

注文住宅の断熱材の種類は数多くあります。さまざまな種類があると、どれがいいのか迷ってしまいますよね。

ここでは私のオススメの「繊維系断熱材」の中でも、「木質繊維系」であるセルロースファイバーのメリットとデメリットを紹介します。

セルロースファイバーとは、新聞紙、段ボール、おがくずなどの天然素材を綿状にしたものです。おがくずのような天然素材は虫が好むもので、住宅内で虫が大量に発生してしまったら困ります。セルロースファイバーは、ホウ酸や硫酸アンモニウムを加えて防虫性が高められています。天然素材は燃えことが心配ですが、難燃性も高められています。

セルロースファイバーは吹きかけて施工をするので、すき間なく充填することが可能です。すき間が生まれてしまうと気密性が低くなり、そこから外気が入り込んで住宅内の温度に影響を与えます。すき間を作らず高い気密性を実現できれば、外気温の影響を受けにくくなり、室温を一定に保ちやすくなります。夏場にエアコンを使用した場合は涼しさを保ちやすく、冬場は暖かさを保ちやすくなれば、電気代を節約できます。

また、吸湿性も備えています。素材自体が湿気を吸収することで結露の発生を抑えます。結露を放置しているとカビが繁殖をし、住宅にダメージを与えます。結露の発生を防ぐことは、住宅をよい状態に保つことにつながります。

そして、天然素材で環境に優しいです。防音や吸音の効果もあります。

しかし、価格が割高で施工のためには専門業者を探す必要があります。日本では、同じ天然繊維系のグラスファイバーやロックウールなどを使用することが一般的です。

セルロースファイバーには、気密性が高く吸湿性があるメリットがありますが、価格が気になることや専門業者を探すデメリットがあります。こういったメリットとデメリットを考慮して、どのような断熱材を使用するのか選んで注文住宅を建ててみてください。よく調べて選ぶことで、快適な住空間となることでしょう。

注文住宅で疎かにしてはいけない断熱材

注文住宅家づくりで、気に掛けるべき部分は外観だけではありません。確かに外観で他の人はその家を評価するかもしれませんが、実際に住む人たちにとって、外観よりも重要かもしれない部分があります。それが外壁の中、つまり断熱材です。

断熱材のクオリティは実はとても重要で、それがしっかりしているかどうかは、住み心地に大きな影響を与えます。仮にもし断熱材が入っていなければ、冬は極寒で、外にいるみたいに感じるかもしれません。また夏は外よりも室内の方が熱いと感じるようになることでしょう。熱を遮断するのが断熱材であり、それが弱いとこうした状況になります。結果として多くの暖房と冷房を必要とするようになり、電気代が跳ね上がってしまうことでしょう。それだけでなく、断熱が弱いことで、外気の影響を受けやすい室内になるということは、家の耐久性にも影響を及ぼしてしまいます。劣化しやすい家になるのです。

それで注文住宅での家づくりでは、外観はとても大切な部分であるとはいえ、見えない部分の断熱材の選択が、室内環境と耐久性に大きく関係してくることを覚えておきたいものです。工務店などの業者との話し合いでは、断熱材選びにおいて、コストだけでなくどの程度の断熱効果があるのか、クオリティに注目するべきです。

一般的に多く利用されている断熱材は、グラスウールやロックウールと言われるもので、リーズナブルな価格と生産性が高いことで、多く使用されています。また発泡プラスチック系断熱材も使われています。断熱材は工業化された製品が主流となっています。とはいえ天然素材系の羊毛断熱材や炭化コルクといったものもあり、自然の素材にこだわるのであれば、こうしたものを選択するのも1つの方法です。

家づくりで断熱材は、施工会社や家の中での部位により素材が選ばれる傾向にあります。1つ1つチェックし、その素材で良いのか、メリットデメリットをしっかりと把握していくことが大切です。

より良質な断熱材の注文住宅で満足な暮らし

注文住宅をつくる時に、まず考えることとして暖かい家を作りたいと思います。私のそのことを一番に考えていました。寒い家というのは、帰りたくなくなるのです。そしてその寒さにより、病気をしてしまうこともあります。そのことから、家族の健康を守るためにも是非とも暖かい家にしたいと思ったのです。

そこで選んだのは、ツーバイシックス工法という断熱材です。これにより、理想的な暖かさの家を手に入れることができました。ここでは、注文住宅でツーバイシックス工法の断熱材を入れれどんなに違うのかお話します。

・全く寒くない

以前の家の場合も、ある程度は断熱材が使用されていました。そのため、安心しているところがあったのです。断熱材が入っているので、大丈夫と思っていたのです。ところが、その断熱材にもいろいろな種類があってそれにより違うということを知りました。

そこで、一番いいと思われるツーバイシックス工法の断熱材にすることにしました。すると本当に暖かいです。ストーブを使っていたのですが、まずそれは全く不要となりました。エアコンもほとんど使うことがありません。

・部屋の中が乾燥しないのでいい

冬になると困っていたのは、部屋の中が乾燥してしまうことです。乾燥をしてしまうことにより、なにが困るのかと言うと喉が痛くなるのです。喉が痛くなることにより、よく風邪をひいてしまうことがありました。

乾燥をしてしまうのは、多分エアコンをかけすぎてしまうことが原因であると思っています。加湿器を使うとカビが繁殖してしまうなどどうしたらいいんだろうと困っていたのです。そんな時、この家にすることにより乾燥することもなくなっています。

家族が風邪をひいたり、喘息を起こすことがなくなりとてもいいと思うようになりました。実家にかえると、風邪とひいてしまうことがありいかに自分の家がいいのかと改めて感じています。自分の家が一番安心で安全な家だと思うようになっています。